FC2ブログ
Yahoo!ブックマークに登録
・東南亜マレーポリネシア系メラネシア系の土着民:祖霊神霊崇拝の探訪見聞 ・自然信仰に関わる珍談、奇談 ・自然信仰全般、特に私が関わるアフリカ土俗死霊崇拝の逸話 ・信仰に関わる人々の生き様など
2018/10«│ 2018/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:42:00
皆様方は「霊性」という意味合いを把握し乍らも、実質「霊性」の作用というものは如何なるものか腹から把握されて居られる方は皆無に近いと存じます。

人間同士は言葉で連帯を確認し合ったり、同好の輩と交り合い和気あいあいとする事で、強固な連帯で有ると思うわけですが、大半が裏返しの関係ばかりなのです。其の点、言葉という通信手段を持たぬ獣は、人間なぞ足元にも及ばぬ感覚の方策を備えて居ります。「直感」「五感」「第六感」此の三つの感覚が研ぎ澄まされて居るのです。勿論、人も獣の一種ですから前述の感覚は備えて居りますが、言葉という手段を使う方が簡易な為に、ほぼ退化してしまって居るのです。

友人関係・男女関係・親子関係なぞ、人の関わる関係が絶頂で在ったにも関わらず、行き成り嫌悪な関係に成ったりするのは、感覚を無視した軽い言葉の関係に因るものです。賢明な方なら、云わずともお解りと存じます。

人の関係は、大半が間違った関係を築いて居る為に、最後は破綻する運命に有ります。何故かというと、言葉というものに頼り切りで「あの人は確実に、こう云ったから間違いない」とか「あの人の信念を聞いたけど強固足るものだ」なぞ・・・。男女関係に至っては「彼女(または彼)の話は誠実さに溢れて居る」とか「いろいろ話したが、あれだけの女(または男)と出会うには、砂浜で一本の針を探すより難しい」なぞなぞ・・・。更に親子関係で云うと「うちの息子(または娘)は、親の話を能く聞き何事も忠実に守る」とか「どれだけ息子(または娘)を愛して居るか?私の対応や言葉で能く理解して居る」なぞと云います。

上述の例は、全て言葉に頼る甚だしく誤った例で有り、言葉によって自分自身を納得させただけの戯言なのです。そんな言葉は、霊性にひとつも刺激を与えて居りませんし、私が断言出来る事は逆の作用を起こして居ると云い切れます・・。単なる我欲と私物化の権化の言葉で御座います。

結構、此の類の方が特に恋愛関係で相談されて参りますが、案の定、霊的なものは信用して居ない。口では「私は信じます」と云い切りますが、霊性の欠片が本人と会わなくとも感じ取れるわけです。従って、「本当に霊的なものへ敬意をはらい信頼できますか?」と問い返すと、「此れを機に信頼を置くように努力します。」という答えが十中八九返って参ります。要するに、どう努力しても敬意なぞ持つことは死ぬまで有り得ないと存じます。

呪術というものには、ベースが有り其れは自然崇拝(精霊崇拝・祖霊崇拝)という基盤が有ります。信仰を奉らずとも、自然の摂理というものを厳かに尊重する精神は基本中の基本であります。其れが出来ない人物は、呪術なぞに頼らぬべきと私は思います。

能く「無病息災」「家内安全」なぞと、寺社仏閣に関わる聖職者(?)が、護符や祈祷なんぞを授けます・・。其れを授受する為に、わざわざ遠方から其処へ其の為だけに赴く方が多々居られると存じます。間違い無く、粗十割の方々は単に其処が神社だから、若しくは御寺だからという理由や、或る人に良いと云われ参ったと云う・・。全く、自分自身の感性を使わず、当たり前の現実的理由だけで訪れる。例えて云えば、賭博の一環で有る籤引きと同じ事で有り、時間の無駄以外の何物でも御座いません。此れを信心と思う方は、別に個々の自由ですから一生続けて頂いて構わないのですが、死ぬまで「今よりも、良い未来を信じて」なぞと思いながら、結句、最後の時を迎える事に成るでしょう。私が申し上げたいのは、イの一番に己の霊的環境は如何なものか?と吟味する事、そして霊的なものは他人の言葉に左右されず、自身の霊的感性に頼る癖をつける事。己が迎えた窮地や低迷の要因を、霊的な面からも吟味する方法も身に付ける事です。要するに、此れが自然の摂理を重んじる姿勢で有り、至っては信仰に繋がるのです。アフリカ系の術師は、其処に重きを置く為に、其の人物の霊的環境を考えず、所謂「御守り」を授受したり「祈祷」は致しません。

少々手厳しい事を申し上げましたが、呪術師やネクロマンサーというものを、間違った尺度で捉える方が多く、イコールあの世の威力を無尽に操作出来ると勘違いしておられるからです。そもそも呪術師というのは、あの世の威力を借りるために作法を備えた者。ネクロマンサーは、先達の霊と折り合いをつけ助力を乞う法力を得た者で、両者とも簡易に申せば仲介者なのです。仰々しい着物や道具を持ち、如何にも人間離れしたような態度や言動を取る者は、呪術師でもネクロマンサーでもございません。強いて申せば、サーカスの道化師と同等です。術師以前に信仰に経験で有る事、己が行えば完全無欠なぞほざく輩は、ひとつも力を備えておりません。何故なら、作用を齎すのは神霊や霊で有る事を覚え置き願います。

----------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
www.khmersurin999.com
www.necromancer666.com
スポンサーサイト

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:霊性│ Tag:感覚│ Tag:呪術│ Category:信仰│ コメント:--│ トラックバック :--
「ヴードゥー大全(壇原照和:著)」
image888.jpg
「ヴードゥー大全」 ハイチのヴードゥー教を主体に、習合されたアフリカの原始信仰及び呪術の集大成。私がキューバ編のバントゥー・パーロ信仰を監修させて頂きました。現在中古本のみですが・・・。 ※アマゾンにて購入可
土俗呪術随想録

khmersurin

Author:khmersurin
「土俗呪術奇譚」へようこそいらっしゃいました・・・。

DSCN0431.jpg ---ヨルバ族の信仰を主体に構成されバントゥ族の信仰も含まれる「アフロ・キューバ信仰協会」のメンバーです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご質問などが有ればメールフォームにてどうぞ・・・。直接メール頂く事も可能です。 info@khmersurin999.com
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
電子書籍:シックスサマナ
image999.jpg
「シックスサマナ」 電子書籍にて月二回発行される一風変わった海外移住促進誌です。「人を呪わば穴二つ」という探訪記を連載させて頂いて居ります。 ※アマゾン・キンドルストアで購入可
西アフリカ・ヴドゥ呪術
アフリカ発祥の類稀な古来信仰、死霊を使役する呪いにて現世利益を得るお手伝いを致します。更に呪物の御提供も致して居ります。 http://animism666.com vudu@animism666.com
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。