Yahoo!ブックマークに登録
・東南亜マレーポリネシア系メラネシア系の土着民:祖霊神霊崇拝の探訪見聞 ・自然信仰に関わる珍談、奇談 ・自然信仰全般、特に私が関わるアフリカ土俗死霊崇拝の逸話 ・信仰に関わる人々の生き様など
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:50:24
呪物頒布サイト「土俗呪術案内」頒布呪術を少々リニューアル致しました。また、ニューギニアの呪物ページも増設致しましたので御覧頂ければ幸いです。

http://www.khmersurin999.com/

と或るラオカン族(土着民、山間部族)の低地居住区の御話を致します。

近代に於いては、かつてラオ族に追われ山間に居住するに至った土着民ラオカン族も、平地で部落を形成する場も有ります。但し、ラオ族は住んで居らず土着民のみであり、何がしかの結界として白い紐で遠大に部落周囲を囲ったり、トーテムポールを立てたりしているので見分けは容易です。こういった平地の部落では、稀に警察による捕物帳が有ります。椰子の葉で葺いたような貧しい小屋から、栄養失調で痩せこけたようなみすぼらしい男が数名の官憲に御縄頂戴され連行されて行くわけですが、これは屋内から人物の姓名・生年月日を認めた紙片や、人の爪や髪の毛が入った瓶や缶、等々。呪術に使用される物品がガサ入れで見付かった結果で有り、それを呪術が目的で無いと云っても官憲は聞く耳を持ちません。それらの村が発信で、どこどこのナニ兵やナニ子が悶死したとか憤死したとか、その理由と屋内に有った物証のみで逮捕連行されるのです。関連性が無くとも関係無く逮捕連行されるところが、やはり未開と云われる所以です。大元は、噂とタレ込みが主体となるところは、中世の魔女狩りに似たり因ったりで、実際捕らえる警察(ラオ族)は仏教徒、捕らえられる側(土着民)は精霊信仰の術師、と云った感じで全く同じです。

部落を巡った一例ですが、ビエンチャンの北13号線を左に折れ、メコン川沿いに北のサヤブリ県まで通る未舗装の街道が有り、その中途に位置するビエンチャンから200キロほどのサナカム村へ参り、そこから更に50キロほど離れた、平地では有るが鬱蒼としたジャングルのような場に形成された土着民の部落を訪れました。全て未舗装という事で、片道8時間近く掛かりました。部落は例外に漏れず、部落周囲各所に棒杭を打ち白い紐を巡らした結界が有ったので、すぐそれと判ります。その部落出身で、首都ビエンチャンにて土方をする青年を案内人として伴ったので、はなから問題が生ずる事無く、井戸から汲んだ茶色い小汚い水を振舞われる、ささやかな歓待(?)を受けたわけです。折をみて、青年が本題としてネクロマンサーの話を出したところ、警戒を強め皆々沈黙したまま・・・。最終的に青年の母親が、と或る術師の家を耳打ちしてくれたので、帰る素振りをして場を辞す事に相成りました。当の術師の小汚い小屋へ行くと、色黒のみすぼらしい女がひとり、地べたに腰を下ろし一生懸命爪先で、草の束を捏ねて居る・・。手作りの箒を作って居るわけだが、とにかく貧しいという印象のひと言・・。屋内には、幼い娘と矮小で痩せこけた男。その男が、目当ての術師というかネクロマンサー本人で、青年が話を始めたところ、「最近、同様の生業をする者が、官憲から夜襲を受けて連行されたので、頼まれても遣らない・・」との返事。その類の依頼に着たわけで無く、どういう経緯でネクロマンサーに成ったのかを聞きたいだけ、と伝えたところ、曰く「変な男の霊に、子供の頃から魅入られ、面白い事を教えて上げるから、死ぬまで続けなさい。」と夜な夜な現れ強制され、気がつくと、中年に成るまで人を病に貶めたり死に貶める手先に成って居ったとの事・・。実行したから、金銭が儲かるかと云うと、単に初めの供物を依頼者から貰うだけで、それ以上を要求しようかと考えただけで「返し」と云う不運・不遇を受ける・・。かと云って、その類の執行を怠ると同様に不運・不遇を受ける・・。女房の具合が悪くなったり、娘の具合が悪くなったり・・。結局、依頼者が望む相手へ致命的なダメージを及ぼす術を施し、代りに薬代分ほどの金銭や実物を支給して貰うが、到底治りそうも無い薬品で、当の女房や娘はすっかり治ってしまう。前述で、当の本人は「遣らない・・」と云ったが、警戒しただけの事。警戒が解ければ、如何なる内容でも受けるわけです。そうしなければ、魅入った霊に遣られてしまう・・。「死霊使い」と云うよりも、逆に死霊に好い様に使役されて居るような感じです。全部が全部そうでは無いようですが、このようなパターンが多数占めて居ります。死霊に魅入られ、八方塞となった結果、実入りを望めない霊的悪行を重ねる人生といったところです。この類の人物は総じて、目は濁り矮小で痩せこけ、せむし掛かった体型というのが、どういうわけか何れも相似して居り、更に嫌なオーラを放って居るというのが、私が強く感じた印象でした。

----------------------------------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
http://www.khmersurin999.com/
http://www.necromancer666.com/
----------------------------------------------------------
スポンサーサイト

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:呪術│ Tag:呪い│ Tag:ラオス│ Tag:呪術師│ Tag:死霊│ Tag:死霊使い│ Category:奇談│ コメント:--│ トラックバック :--
「ヴードゥー大全(壇原照和:著)」
image888.jpg
「ヴードゥー大全」 ハイチのヴードゥー教を主体に、習合されたアフリカの原始信仰及び呪術の集大成。私がキューバ編のバントゥー・パーロ信仰を監修させて頂きました。現在中古本のみですが・・・。 ※アマゾンにて購入可
土俗呪術随想録

khmersurin

Author:khmersurin
「土俗呪術奇譚」へようこそいらっしゃいました・・・。

DSCN0431.jpg ---ヨルバ族の信仰を主体に構成されバントゥ族の信仰も含まれる「アフロ・キューバ信仰協会」のメンバーです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご質問などが有ればメールフォームにてどうぞ・・・。直接メール頂く事も可能です。 info@khmersurin999.com
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
電子書籍:シックスサマナ
image999.jpg
「シックスサマナ」 電子書籍にて月二回発行される一風変わった海外移住促進誌です。「人を呪わば穴二つ」という探訪記を連載させて頂いて居ります。 ※アマゾン・キンドルストアで購入可
西アフリカ・ヴドゥ呪術
アフリカ発祥の類稀な古来信仰、死霊を使役する呪いにて現世利益を得るお手伝いを致します。更に呪物の御提供も致して居ります。 http://animism666.com vudu@animism666.com
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析