Yahoo!ブックマークに登録
・東南亜マレーポリネシア系メラネシア系の土着民:祖霊神霊崇拝の探訪見聞 ・自然信仰に関わる珍談、奇談 ・自然信仰全般、特に私が関わるアフリカ土俗死霊崇拝の逸話 ・信仰に関わる人々の生き様など
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2011/01/30
22:50:00
内陸国のラオスは当然の事、海の物産は有りません。ここ数年の発展で通運の便が良くなり、隣国タイやベトナムから頻繁に入るようになりましたが、ラオス人の生活に関わるものは全て山河のものが主体です。


当地の友人宅に行ったりすると、稀にかなり古い子安貝を無造作に保管して有ったりするのです。ラオス人は無頓着ですから、その古い子安貝が何に使用されていたか全く理解して居りません。これらの子安貝は紀元初頭、果ては紀元前に世界的な通貨となって居りました。もちろんひとつひとつで使用するのでは無く、重さ計り金や銀の下に来る通貨でした。所謂、量銭ですが、数十キロ数百キロという半端で無い単位で使用する量銭です。もちろんカンボジアやタイでも見掛けますし、カンボジアやラオスの呪術師宅の祭壇にも数十個を纏めて据えて有るのをよく見掛けます。キューバのアフリカ系自然信仰にも、この子安貝は欠かせません。特にヨルバ系のサンテリアやイファでは頻繁に使用されます。気運を計る為に使用したり、その気運の乱れを調えるために、エッボと呼ばれる浄化をする際、生贄の他に子安貝を要求されます。その数は、10万単位が普通です。もちろん、そんな数は用意出来ませんから、0を4つ端折って10万ならば10個、50万ならば50個、100万ならば100個を供します。数千年前から実存する自然信仰ですから、やはり往時の世界通貨の概念がそのまま残されているのです。中国の古い文献に、紀元前(紀元初頭?)の中国以南の地図が有り、そこには奇妙な形ながら、現在のインドシナ半島やインド、マレーやボルネオが見て取れます。インド洋の中にポツポツと島が示され、おそらく今のモルディヴ諸島なのでしょうが、地図上部に記された文章に依ると、通貨の産地と示されて居ります。往時の世界で流通した通貨で有る子安貝は、あの小さくて、少々の事で水没してしまう小島(小国)が産地で有ったとは、何とも面白い話です。


----------------------------------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
http://www.khmersurin999.com/
http://www.necromancer666.com/
----------------------------------------------------------
スポンサーサイト

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:呪術│ Tag:呪い│ Tag:子安貝│ Tag:自然信仰│ Category:信仰│ コメント:--│ トラックバック :--
「ヴードゥー大全(壇原照和:著)」
image888.jpg
「ヴードゥー大全」 ハイチのヴードゥー教を主体に、習合されたアフリカの原始信仰及び呪術の集大成。私がキューバ編のバントゥー・パーロ信仰を監修させて頂きました。現在中古本のみですが・・・。 ※アマゾンにて購入可
土俗呪術随想録

khmersurin

Author:khmersurin
「土俗呪術奇譚」へようこそいらっしゃいました・・・。

DSCN0431.jpg ---ヨルバ族の信仰を主体に構成されバントゥ族の信仰も含まれる「アフロ・キューバ信仰協会」のメンバーです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご質問などが有ればメールフォームにてどうぞ・・・。直接メール頂く事も可能です。 info@khmersurin999.com
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
電子書籍:シックスサマナ
image999.jpg
「シックスサマナ」 電子書籍にて月二回発行される一風変わった海外移住促進誌です。「人を呪わば穴二つ」という探訪記を連載させて頂いて居ります。 ※アマゾン・キンドルストアで購入可
西アフリカ・ヴドゥ呪術
アフリカ発祥の類稀な古来信仰、死霊を使役する呪いにて現世利益を得るお手伝いを致します。更に呪物の御提供も致して居ります。 http://animism666.com vudu@animism666.com
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析