Yahoo!ブックマークに登録
・東南亜マレーポリネシア系メラネシア系の土着民:祖霊神霊崇拝の探訪見聞 ・自然信仰に関わる珍談、奇談 ・自然信仰全般、特に私が関わるアフリカ土俗死霊崇拝の逸話 ・信仰に関わる人々の生き様など
2016/11«│ 2016/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2016/12/24
02:03:30
中米カリブ・ハイチ共和国の国教、所謂「ヴードゥー教」は、アルファベットで "VOODOO"(ヴードゥー)と表記されますが、実際のところは "VUDU"(ヴドゥ)、または "VODUN"(ヴォドゥン)が、大元で在る西アフリカ・ベニンのフォン族が話す言語、フォン語由来の正しい呼称で御座います。

フォン語で「ヴドゥ」とは自然崇拝(精崇拝)を意味します。自然発生的な民間信仰は全て「ヴードゥー」で有り、日本の神道も、印度のヒンドゥー教もシナの道教も云うに及ばず。至っては、南北アメリカのインディオが崇拝する太陽信仰、私の棲むラオスやお隣シャムのピー信仰、ビルマのナッツ信仰なんぞも全てヴードゥーの範疇、全世界の民族が先達から受け継ぐ信仰は、全てヴードゥーなのです。従って、ハイチのヴードゥー教に於いて、自然崇拝に敢えて「教」を付けるという、おかしな呼称である事は十分御理解頂けたと存じます。

自然崇拝とは、善悪諸共を厳かに受け入れ、且つ、心から尊重し崇拝する姿勢が必須であります。基底に在るのは、森羅万象に宿る神霊を尊び、併せて先達の祖を敬い奉る事です。

失礼千万を覚悟で申し上げますが、世界三大宗教で有る基督教・仏教・回教といった此れらの宗教は、地球上の人を含めた様々なものが安泰を得る為に「宗主」が編み出したものです。経典には尤もな話も多々含まれて居りますが、矢張り人間の遣る事ですから、狡猾なペテンも盛り込まれて居ります。

生きとし生ける者どもの尊厳を解いた上で、創生から過去・現代そして未来に至るまでの成り行きを「神」という大義名分で脅かし、「是是云々の生き方を守れば咎は無し!」と云い切ってしまう。其れが最も鼻につく回教に於いては、回教の規範を乱したり脅かす者に容赦せず、「アラーは偉大なり!」という言葉を唱えながら天誅を加えます。思うに、此の様な大胆な行為に走る其の刹那、連中が心で描く印象は、十中八九、宋主ムハンマドの印象画と存じます。これが基督教徒ならイエスの印象画、仏教徒ならばゴータマの印象画といったところで御座いましょう。決して「神」の御為ではなく、「神」という言葉だけが先走っているのです。

更に失礼千万を御赦し願いますが、信者の大半が愚衆で有るが為に、入信の発端も周囲の親族や友人が信仰して居るからとか、有名人や大物が傾倒して居るとか、筋金入りの信者から説法を受け傾倒したとか、能々理由を吟味すれば浅ましい限り。強いて申せば、歌や演技といった芸事にて持て囃される、小便臭い少女の単独または団体の女芸能人。美男を売り物にして、歌や演技で持て囃され男色臭を漂わせる男芸能人。熱狂する者共と対象、其の互いの関係性は胡散臭さ満載といった印象で、三大宗教の教祖と信者という相対関係は非常に相通じます。

更なる諸悪として、基督教は聖書、回教はクルアン、仏教は経典、此れらは読むと尤もな事を綴って居るが、宋主や其の弟子共が得た世界観や人生訓というだけで、哲学と何ら変わり無し。信者を増やしたいが為、エンターテインメント性は云うまでも無く満載で有り、編纂者の吹かしも満載です。参考にするぐらいは良いが、のめり込むほどの価値は見出せません。

世界三大宗教の云う「神」の話に戻りますが、彼らの信仰する「神」の為に取る行為は、詰まるところ、此の世に生きる全ての獣が潜在的に危惧しながらも畏れ奉る「至高」の思し召しで有り、其れを率先して実行する者は、単に淘汰されただけ、という自然信仰の道理を地で行く弱肉強食で、其の道理を体現した話に過ぎません。「アラーは偉大」「全能なる神」「慈悲深い仏」、宋主や其の弟子共は「自然信仰の至高」の側面だけを捉え、信者の脳裏へ強引に埋め込む。

哀れな信者(自業自得ですが・・)は、自然信仰の至高の掌で転がされて居るとも知らず、「ムハンマドが云うアラーの御為に身を捧げ、且つ、身体損傷無く死ねば浄土に行ける」と心底信じ、挙げ句、弱肉強食の「弱」の貧乏籤を引いて、此の世から抹消されてしまう……というナンセンスな話で御座います。

双六を例に取りましょう。双六の目的は「上がり」に到達する事。勿論、一等で上がる事が最良な結果ですが、最悪な結果は途中棄権です。各々感性を活かして考えて頂きましょう。途中棄権とは、競技中に具合が悪く成ったとか、「一回休み」を連発したりしてゲームそのものに嫌気が差し、中途で放り出すことを言います。健康上の理由ではやむない話とて、これも棄権に変わり有りません。

何故なら正面切って向かう者は、此れらの事象を快く感じないと思います。本来、生きる事は己の力で、常に障壁を打開し切り開き生を全うする事が道理で、自然信仰の至高が最も良しとする定型。従って、途中棄権は「生きる事を放棄」するに値する行為なのです。

たかが遊戯で途中棄権した者を「弱者」と決め付ける自体、下らぬ例えと思われる方が大半と存じます。ですが「双六」というのは紀元以前から世界各地に存在する遊戯で、大元は「彼の世」に至るまでの姿勢を、遊戯を介して刷り込む方策で有った、と云われて居ります。ただの遊びではなく、遊戯を通じて個々の運命や宿命を計る的な道具なのです。

順風満帆に進む場合もあれば、阻みに遭って後退を強いられるなど、不運な者が煮え湯を吞まされるといった形態。正に、己の背後に居るは良質か否か? 更に、人生に立ち向かうに必須な「岐路を司る神霊」や「五感を司る神霊」や「闘争を司る神霊」が、正常に居り作用してるか否かが解ります。

弱きが強いものに遣られ、淘汰されてしまうのは、如何様にしても逃れられない此の世の道理。古の時代、性質的・肉体的にそぐわぬ個体は、容赦無く間引かれて参りました。現代に於いては、其の様な行為が畜生と非難され、矢鱈と人道主義を全面に出し、弱者を救う事こそ正義とされて居ります。が、どれだけ弱者を救済しても、辻褄合わせの天変地異が頻発したり、悪性ウィルスが蔓延するなぞ、細やかな努力が差し引き零かマイナスに齎す作用が必ず起こるのです。戦争やテロの大惨事、此れも辻褄合わせ同様の作用を齎すもので御座います。自然信仰の至高は、何事も限度を越えぬ様、摂理に値しないものから容赦無く淘汰するわけですが、あるときは強風に逆らわぬ葦の様に、またあるときは岩山の様に振る舞う。そのような者たちにこそ手を差し伸べるのです。もっと簡易に申せば、「調子よく振る舞え」という事なのです。

単に調子よく振る舞うならば、馬鹿に成れば良いだけの事で有ります。罷り間違えば、此の行為が仇と成ってドツボに嵌り淘汰されてしまう、元の木阿弥という体たらく。詰まるところ四面楚歌、泣くに泣けぬ御話であります。額面通りに実行する様な事は、全速力で突進するだけのイボイノシシで、終いには猛獣に残虐な喰われ方をしてしまう様なもの。手厳しい至高の意向に合わせ、己が順風満帆に生を謳歌するには、如何様な振る舞いが必須なのか?を先に考え、其れを基盤として「調子よく振る舞う」必要が有ります。イボイノシシ野郎に成らぬ為にも能々気を付け、下記する内容を参考にされて頂きたい所存です。

自然信仰というのは、日頃から己の周囲で起こり得る事象・物象に対し、些細な事でも敏感に成る事。手始めは何が何だか全く理解出来ず、こんな面倒臭い事にアンテナ張るのは阿保らしい──と鼻白む事でしょう。其れを根気能く継続し、己のオツムで吟味する癖を付ける事。例えば、己の一発放いた屁が異常に臭かったとか、美形で有るのに蓋を開けたら悪臭放つ陰部を持つ女が居ったとか、満員電車で女の尻が股間に密着してそそり立ってしまったとか、獣の交尾を連日目にするが何故か? なぞ……。糞下らぬ日常の事象でも阿保らしいと放らず、吟味してみる事。御題目が簡易な分、奥は深淵なので個々が根詰めて対峙する必要が有るのです。此れの繰り返しが、肉体を持つ人を含めた此の世の生き物と、此の世と並行して存在する彼の世の先達の霊や、あらゆる事象・物象を司る神霊、至っては統括する至高の真意を知り得る、崇高な行いと成る事を御知り置き頂ければ幸いで御座います。

----------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
www.khmersurin999.com
スポンサーサイト

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:ヴードゥー│ Tag:自然信仰│ Tag:神霊│ Tag:│ Category:信仰│ コメント:--│ トラックバック :--
「ヴードゥー大全(壇原照和:著)」
image888.jpg
「ヴードゥー大全」 ハイチのヴードゥー教を主体に、習合されたアフリカの原始信仰及び呪術の集大成。私がキューバ編のバントゥー・パーロ信仰を監修させて頂きました。現在中古本のみですが・・・。 ※アマゾンにて購入可
土俗呪術随想録

khmersurin

Author:khmersurin
「土俗呪術奇譚」へようこそいらっしゃいました・・・。

DSCN0431.jpg ---ヨルバ族の信仰を主体に構成されバントゥ族の信仰も含まれる「アフロ・キューバ信仰協会」のメンバーです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご質問などが有ればメールフォームにてどうぞ・・・。直接メール頂く事も可能です。 info@khmersurin999.com
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
電子書籍:シックスサマナ
image999.jpg
「シックスサマナ」 電子書籍にて月二回発行される一風変わった海外移住促進誌です。「人を呪わば穴二つ」という探訪記を連載させて頂いて居ります。 ※アマゾン・キンドルストアで購入可
土俗呪術案内
アフリカ発祥の類稀な古来信仰、死霊を使役する呪いにて現世利益を得るお手伝いを致します。更に呪物の御提供も致して居ります。
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。