Yahoo!ブックマークに登録
・東南亜マレーポリネシア系メラネシア系の土着民:祖霊神霊崇拝の探訪見聞 ・自然信仰に関わる珍談、奇談 ・自然信仰全般、特に私が関わるアフリカ土俗死霊崇拝の逸話 ・信仰に関わる人々の生き様など
2014/06«│ 2014/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:29:05
※本題に入る前に、お伝えさせて頂きます。サイト「土俗呪術案内」にて、ご紹介そして頒布させて頂いて居りました「パプアの呪物」ですが、場所柄、郵送事情の問題が第一、次に呪物の大元となる物の入手に可也時間を要す為に、サイトのラインナップから外させて頂いた次第です。宜しく御願い申し上げます。


ハイチヴードゥー教というと、御存知の方も居ると思いますがヴードゥー人形と謂うものが御座います。布や皮革で人型の人形を作り、その人形へ焦点を中てた人物の気を籠め、針などで頭部や胸部等々、目的別に弱体または不能にさせたい部位へ刺すわけです。基本的には、致命的な部分で有る心臓に中る部位や脳に中る部位へ集中的に数本の針を刺し、彼の世に送る為の所謂「呪殺法」で御座います。


当地の呪術師は、死霊を使役する呪法を駆使する者と、事象・物象を司る神霊の磁場を借り目的を達成する二者に分かれます。後者は、死霊を使役する方策も得て居る為、目的に依って使い分けて居ります。後者の呪術師は、俗称「ウェモンダム」という人形を作成し目的の人物の気を籠め、要望に適った呪術を執行致します。ハイチヴードゥー人形に似通った呪法を行って居るのです。


以前、人物の胃へ空き缶を入れたり、乾した牛皮を入れ内部で膨らみ腐る御話をしたと存じます。此れらニ点の呪法は、大半が「ウェモンダム」を使った呪法と相成ります。そもそも「ウェモンダム」と謂う名称は、呪術に使う人形の事で有り、人を貶める呪術呪法・呪物)は必ず「~ダム」と最後にダムと付きます。此れは黒を意味し、云うまでも無いですが全て闇的な方向性に威力を発揮するもので御座います。


ラオス南部サラワン県に位置する、と或る部落の呪術師は基本的に死霊使いで有りながら、様々な呪法を共にする死霊から学んだと云いますか、覚えるよう促されたそうで御座います。
呪術師曰く「ウェモンダムを作るにあたり、一番必要となるものは相手の姓名・生年月日。それを元に布で人型(人形)を作る・・・。此れ以上の事は要望者に云わないが、要望者の真剣度合いで助言もする。貶めたい相手の衣服、更に髪の毛や爪、相手に関係する物で有れば何でも良し。使用済みのちり紙・タバコの吸い刺し・皮膚欠・フケ・耳垢・目糞・鼻糞・尿・糞・等々。得難い物も有るだろうが、相手の物で有れば何でも良いという一例だ。共通するのは、体液や体内不純物自体か其れらを掠めた物・・。この内、3つほど用意出来れば祈祷も何も必要ない。次に数種の草と川砂か土。また、もう一つ大事な物は鶏の脳と内臓物、相手の性に合わせ雌雄を分ける事。鶏の体型も相手と合わせれば最良、欲を云えば相手が住む敷地に近い場で得れば云う事無し・・。」
ビルが乱立するような都会で、相手が住んで居った場合、其の近所で鶏を探すなぞ不可能に近い話ですが、有ればと云う仮定で有り、無ければ無いで実行と作用は可能との事なのです。実際、姓名・生年月日のみで人形は作成可能のようで有りました。相手の服が手に入れば、それで人形を作成し、無ければ打ち捨てられた布や極力不浄な布で作成する。鶏の脳や臓物を予め乾燥させ、爾後、人形内部に其れらを埋め込むわけです。要望者が集められる物で執行過程は変わり、最低限度の物(姓名・生年月日)と成ると、或る一定期間、作成した人形を前に祈祷を唱え確実に相手の気を留め、抑えの留めとして、紐で人形を巻き付け木乃伊のような風体に仕上げる。其れを目的別に拵えた後、相手の住む敷地内に据える必要が有るとの事で御座います。相手の衣服や列記した三点以上を集める事が可能ならば、祈祷は必要無く相手の家の敷地内に据える必要も御座いません。干からびた土地・墓場・火葬場、此の何れか一箇所にて、人形腹部に缶を裁断した一片を埋める、もしくは牛皮を埋める、埋めた後に腹部を閉じる。最後に鋏で首を切り、打ち捨てれば其れで完了と相成ります。狂死を願うので有れば、頭部に針を三本か七本刺して首を切り打ち捨てる。首を吊らせたいならば、紐で首を括って枯れ木のなるべく高い部位に吊るすので御座います。


ビエンチャンに参った当初に知り合った、十一年前からの友人で南部チャンパサック県出身の男が居ります。当時頻繁に彼の家へ出入りして居りましたところ、或る日、彼の叔父というのがチャンパサック県から参って居りました。愛想良く当時で六十代前半の初老で御座いました。雑談をして居ったところ、行成り腹を見せてきたのです。腹にはフランケンシュタインのような大きく縫い後の残る傷跡。私が「内臓の手術でもしたのですか?」と聞くと、「いや、胃から缶を取り出したんだよ・・。」との返事。当然、度肝を抜かれた私ですが、その時始めて腹に異物を押し込める呪術が有る事を知ったわけで御座います。何でもラオス最南端のアタプー県へ参った際、少数民の小汚い小僧が、置いた荷物を盗もうとした為、散々仕置きをしたところ小僧の親父が参り罵声を飛ばして参ったので、横で見て居た仲間を促し親父共々散々ヤキを入れてしまったそうなのです。数日後、睡眠中に物凄い腹痛に襲われ病院に運ばれた後、即レントゲン検査をした結果、胃に異物の影が窺えた事から即手術と成ったそうなのです。開腹し胃の中に有ったのは扁平で楕円の空き缶・・・。回復後、県内の呪術師を探し一部始終を語ったところ、呪術師の間ではスタンダードな仕返しの呪法と解ったので御座いました。其の呪術師曰く「あんたが仕置きした相手が策ったのは間違い無いだろう・・・。普通なら死んで不思議の無い呪法だが、あんたは運が良かった。」との事。先方の呪法の抑えが弱い分、不幸中の幸いで在ったという事なのです。


----------------------------------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
http://www.khmersurin999.com/
http://www.necromancer666.com/
----------------------------------------------------------
スポンサーサイト

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:呪術│ Tag:呪い│ Tag:ラオス│ Tag:キューバ│ Tag:ハイチ│ Tag:ヴードゥー│ Tag:呪法│ Category:実践│ コメント:--│ トラックバック :--
「ヴードゥー大全(壇原照和:著)」
image888.jpg
「ヴードゥー大全」 ハイチのヴードゥー教を主体に、習合されたアフリカの原始信仰及び呪術の集大成。私がキューバ編のバントゥー・パーロ信仰を監修させて頂きました。現在中古本のみですが・・・。 ※アマゾンにて購入可
土俗呪術随想録

khmersurin

Author:khmersurin
「土俗呪術奇譚」へようこそいらっしゃいました・・・。

DSCN0431.jpg ---ヨルバ族の信仰を主体に構成されバントゥ族の信仰も含まれる「アフロ・キューバ信仰協会」のメンバーです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご質問などが有ればメールフォームにてどうぞ・・・。直接メール頂く事も可能です。 info@khmersurin999.com
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
電子書籍:シックスサマナ
image999.jpg
「シックスサマナ」 電子書籍にて月二回発行される一風変わった海外移住促進誌です。「人を呪わば穴二つ」という探訪記を連載させて頂いて居ります。 ※アマゾン・キンドルストアで購入可
土俗呪術案内
アフリカ発祥の類稀な古来信仰、死霊を使役する呪いにて現世利益を得るお手伝いを致します。更に呪物の御提供も致して居ります。
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析