Yahoo!ブックマークに登録
・東南亜マレーポリネシア系メラネシア系の土着民:祖霊神霊崇拝の探訪見聞 ・自然信仰に関わる珍談、奇談 ・自然信仰全般、特に私が関わるアフリカ土俗死霊崇拝の逸話 ・信仰に関わる人々の生き様など
2009/08«│ 2009/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2009/09/02
18:29:18
当方がインドシナで関係する人々、特に日本人は、「呪い」は効くの?」と漠然と興味半分で尋ねてきます。話の成り行きで、これだけ民衆に自然信仰が生活の一部と化していれば、このような話題となり質問に行き当たります。いつも、「見えるものと見えないもの、どちらが好きですか?」と逆に問いかけます。大半は「見えるもの」と答えます。「では、効かないでしょうね・・」と、やはり漠然と答えるのが決まりのようになっています。飲酒の席で酒の肴にされるのも、気分的に良いものでは有りません。現地人は、酒の席で酔っていたとしても、こういった話題を出す事は有りません。キューバでもそうでした。有ったとしても、そういった信仰や纏わる「呪い」というものが、人間の生に作用するという事をほぼ実感した上で、確認の意味合いで聞くのです。土壌として、自身の家族や周囲の人々から聞いたり、または目撃したりする事が有り、経験上であっても不思議な結果として心に蟠っている為、このような質問となるのです。しかし、日本人は違います。単なる一時の好奇心のみなのです。稀に好奇心以外であったとしても、詳細に理論的なものを求める・・・。ナンセンスも甚だしい輩です。興味を持つ資格も無いですね・・・。かつて、日本は大いなる神話を持った「神道」というものが有りました(今でも有りますが・・・)。「天子様」という現人神を敬い、事象・物象に宿る神霊を「八百万の神」と崇めました(まあ、これも今でも有りますが・・・)。戦後、物質文明にそそのかされ疎かになったのは言うまでも有りません。戦後というより、明治維新後の、西欧文明上等の劣等感旺盛な田舎者が政権を握った時点で「厳かな神霊」は見放したと当方は感じています。崇高なる自然の力を国の看板に据える事態、単なる「罰当たり」では済まされません。勝手に「天誅」と称して人を誅したり、それこそ天誅ものです。「天誅」というものは、言葉に出さずとも、「あれっ!」と思った時点で既に誅されている事を本来はいうのです。

そういった日本人が、当地にはたくさんいます。以前お話した、愚かな慈善団体。 ※現地人と結婚して、子沢山となりチープな思考で食堂を開業し客入りが悪いにも関わらず、商売で成功し安泰したと思い込む輩、40過ぎて親に無心をして、それが成功だと勘違いしている愚か者なのです。 ※特定の実入りが有りながらも、全て妻に捧げてポケットは空、これはこれで慈善の心と取れますが、妻は実入りが悪くなると当り散らし、本人はオロオロして捨てられるのでは無いか?とビビり捲る情けない男、基本的には計算高い哀れな輩。 ※数千万円を詐欺(その詐欺により、数人自殺している)して当地へ参り、豪邸を建て、成功と勘違いしている最悪な愚か者。 ※元商社マンとして滞在した後、名家の娘と婚姻し早期退職して高級レストランをやったは良いが商売低迷で金詰り、前述の人殺し詐欺師とビジネスを始めた金の為なら親族全て売る愚か者。 ※やはり数千万円を詐欺して当地に参り、散財の挙句、文無しとなり、金銭で釣った愚妻は新たな日本人と婚姻してしまったと嘆く馬鹿な輩。 ※元大使にも関わらず、孫ほど年も違う娘を嫁にもらい、恥も外聞も知らない国賊。 ※日本人同士で喧嘩をし、倒れて石で頭を打ち半身不能となり、リハビリをすれば改善出来たにも関わらず、実行せず車椅子で酒場をうろつく愚か者、などなど・・・。挙げたら限り無し!本当に情けない!!全て、先を見越した思考の出来ない哀れで救いようの無い輩なのです。

このような人々こそ、信仰や自然作用というものを卑下して、「偶然」以外に何も存在しない!と勝手に断言するのです。以前にも申し上げたように、「癌細胞」と変わり有りません。改善は、万にひとつといったところです。哀れみを込めて一言申し上げたい「天罰」はあるのだよ。と・・・。

もし心当りがあり、自身を省みようと思われた方、どのような過去であっても思われた時点で改善しようとする姿勢があれば、必ず報われます。宗教の勧誘でも何でも有りません。人間という、いち動物が本来持った感覚なのであり基本なのです。文明という副産物の誘惑に負けない精神を養って下さい。
スポンサーサイト

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:呪い│ Tag:呪術│ Tag:日本│ Category:日本人│ コメント:--│ トラックバック :--
「ヴードゥー大全(壇原照和:著)」
image888.jpg
「ヴードゥー大全」 ハイチのヴードゥー教を主体に、習合されたアフリカの原始信仰及び呪術の集大成。私がキューバ編のバントゥー・パーロ信仰を監修させて頂きました。現在中古本のみですが・・・。 ※アマゾンにて購入可
土俗呪術随想録

khmersurin

Author:khmersurin
「土俗呪術奇譚」へようこそいらっしゃいました・・・。

DSCN0431.jpg ---ヨルバ族の信仰を主体に構成されバントゥ族の信仰も含まれる「アフロ・キューバ信仰協会」のメンバーです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご質問などが有ればメールフォームにてどうぞ・・・。直接メール頂く事も可能です。 info@khmersurin999.com
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
電子書籍:シックスサマナ
image999.jpg
「シックスサマナ」 電子書籍にて月二回発行される一風変わった海外移住促進誌です。「人を呪わば穴二つ」という探訪記を連載させて頂いて居ります。 ※アマゾン・キンドルストアで購入可
土俗呪術案内
アフリカ発祥の類稀な古来信仰、死霊を使役する呪いにて現世利益を得るお手伝いを致します。更に呪物の御提供も致して居ります。
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。