Yahoo!ブックマークに登録
・東南亜マレーポリネシア系メラネシア系の土着民:祖霊神霊崇拝の探訪見聞 ・自然信仰に関わる珍談、奇談 ・自然信仰全般、特に私が関わるアフリカ土俗死霊崇拝の逸話 ・信仰に関わる人々の生き様など
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:37:16
どこの国でもそうですが、土着信仰は、メジャーな宗教と習合する傾向に有るようです。日本を例にとれば、神仏習合という関係になります。当地、インドシナも例外無くシンクレティズム(多重信仰)が、土着信仰に根付いております。特に、タイは顕著であり古代バラモン信仰をベースに、国教となった仏教、王族が崇めるヒンドゥー教(まあ、これはバラモンの発展した結果ですが・・・)、そして中国系の崇める道教。この4つが習合したものが、タイ独自の神霊崇拝を形成しております。

従って、古代バラモン信仰をベースとしたナチュラルなシャーマンを探そうと思ったら、かなり骨が折れます。数多のシャーマンがおりますが、まず見つかる事は無いでしょう。その点、カンボジアやラオスは、古代バラモン信仰が大きく根を張り、少々仏教の味付けが成されている程度となります(習合が軽度)。古代クメール文化(バラモン自然信仰)を、ほぼ忠実に維持し続けていると捉えます。

今から十数年前、インドシナの信仰に着目し必死にシャーマンを探り出していた頃、その最初のフィールドがタイでした。言葉もままならず、最初に首都近辺を探索(今から考えると、浅はかな行動)、人伝に探すのは容易でした。しかし、会うシャーマン全てが、見方によっては道化師・パントマイム・漫才師のような僧衣(?)を纏い、とても横柄な態度で接してくる為、辟易とした思い出があります。コロンビア・トップ(古い漫才師、若い人は知りませんね。)のような顔と容姿を持った中国系のシャーマンは、幼児の霊の守護(コンクロとは別物)を、持った霊的感性から受けるようになり、訪問する依頼者の前途を、この子供のお化けが明確そして詳細に提示すると評判となり、神聖な(?)部屋にたくさんの記念写真。それは、ミーハーな政治家・財界人・芸能人がこぞって訪れた時期の写真でした。もちろん、ひと財産を成したようです。いろいろ話をしたのですが、話す事は精力を如何に引き出すか・・・?単なる中国系初老の爺様、全く一般人と変わりなく、霊的・精神的な話は皆無。ニヤつき、この歳でも毎日お盛んだ、みたいな話。「なんで、こんなに有名人が相談に訪れるの???」と素直な疑問。その後、当方は一人で建物の裏手に回ったところ、アパートのようなものを見つけました(敷地内)。入り口のテーブルに一人の若い女性が座っており、こちらへ笑みを見せたので、話をしてみた所、このアパートには数十名の若い女性が住み生活しているとの事、全てあの中国系初老オジサン(ちょっと、シャーマンと言いたくなくなりました)の信者らしいのですが、深く尋ねたところ、全員味見されているとの返事・・・。そこは、タイ版「イエスの方舟」だったのです。やれやれ・・。

もうひとつ、バンコク近郊で出会ったシャーマンです。そのシャーマンの家に到着し、使用人の案内を受け、邸内の小屋へ通されました。地味な建物なのですが、中に入ったところ、派手で仰々しい飾り付け、仰々しい祭壇の前には異様な玉座が据えて有りました。待つ事、数十分、現れたシャーマン(?)は、ボウボウの髪の毛にカストロ髭を生やし、虎模様の布を纏っておりました。原始人!?、というよりも「ハレンチ学園」というギャグ漫画(これも若い人は知りませんね)に登場する先生に瓜二つでした。心の中で呟きました「有難う、もう充分です。」。適当に誤魔化し、お暇したのは言うまでも有りません。キューバで自然信仰のベースは持つものの、やはり新天地においては、それなりの洗礼を喰らう良い経験でした。

前述のような経験が重なり、タイに見切りを付け、カンボジアを主体に巡るようになったわけです。しかし、自分自身の初期の行動地域にも問題が有る事は、否定出来ません。実際、それから数年後に東南部カンボジア国境に、尊重の置ける呪い師を見出せたわけです。しかし、トラウマとは恐いもので、タイをメインに探索する気は失せてしまったのが本心です。
スポンサーサイト

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:呪い│ Tag:呪術│ Tag:信仰│ Tag:シャーマン│ Category:実践│ コメント:--│ トラックバック :--
2010/03/26
20:15:49
一昨日、私の妻の実家が有るボリカムサイ県ラクサオより、妻の叔父が参りました。どうしているのか、様子見も兼ねてやってきました。また、来月は年に一度のピーマイ(タイ・ラオス・カンボジア・ミャンマーの旧暦にあたる新年)で有り、官公庁・会社・学校はほぼ一週間休みとなります。それを見越し、久々にラクサオに来ないかというのです。私は首都にて過ごし、妻だけラクサオにやるつもりでおりましたが、叔父の話では以前(といってもかなり前です。)話した山林に住む呪い師とコンタクトをとれそうなので、新年休みも兼ねて一緒に来いというのです。あまり食指は動かなかったのですが、叔父の一言が食指を震わせました。山林に居る呪い師は、タイムイ族(妻の出身民族)でも無しタイダム族でも無しタイデン族でも無しモン族でも無いというのです。国境の先のベトナム系でも無く、肌が真っ黒い種族だというのです。どの民族に属するか判っていないようです。言葉も通じず、相手の、診た判断で施しをしてもらってるようですが、専門的には気象操作や霊的医療、単純明快な諍いの報復や掛けられた呪いの解除のようです。言葉が通じず、身振り手振りや実態を見せただけで意向は伝わるのか?という問いに、全く問題なく伝わるとの事・・・・。私がキューバ時代に、エスカンブライ山脈で出会った呪い師依頼の天然と出会えそうな機運です。


妻の部落は、ラクサオ市街から更に30キロほど行ったベトナム国境近くです。山脈が連なる大自然の只中、更にそこから道無き道を山深く分け入り3時間から4時間歩き通し、その呪い師の住む場所が有る様なのです。来月は所用も一段落する為、腰を入れてこの呪い師に取り掛かりたいと考えております。


----------------------------------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
http://www.khmersurin999.com/
http://www.necromancer666.com/
----------------------------------------------------------

Theme:占いカウンセリング Genre:心と身体│ Tag:呪い│ Tag:呪術│ Tag:ラオス│ Tag:呪い師│ Category:実践│ コメント:--│ トラックバック :--
2010/10/16
00:28:13
古代バーリ・サンスクリット文字による真言は、当地の呪術師にとって必要不可欠のものです。


施行に関する呪物に認めたり、祈祷を唱える際は、古代バーリ語で構成された呪文を唱えるわけです。また授受する呪物にも認められます。古代バーリ・サンスクリット文字と的な作用を象る象形画を絡ませ、授受者の要望に合わせた多彩な柄が有り、これは鉛板や布や木片に描かれ活きが籠められます。以前の記事でも取り上げましたが、究極は、自身の肌に刺青として彫ってしまう方法です。差し向けられた刃物や銃弾を除ける作用を、基本的に齎します。昔から当地の男性は、前述した作用を願い真言の呪物を望む方向性に有ります。


今回は、鉛板に籠めた真言の呪物を主体にご説明します。普段この呪物は筒状に巻いたり、小さく折り畳んだりして携帯します。筒状の場合は、円筒状のケースに入れ首から提げたり、折り畳んだ場合は小ぶりの巾着に入れ懐に携帯します。携帯の仕方に、これといった規定は無いので、陰部や臀部に近くなければ個々の自由で携帯出来ます。また、携帯して居れば、真言は渦を巻くように(といいましても、目には見えませんが)呪物から作用を促します。多種多様の要望に合わせた真言が認められた呪物は、ここぞといったとき、筒状または折り畳んだものを広げ、直に現物に巻いたり着けたり浸したりして、事に臨むわけです。ひとつの例としての話です。霊障に悩まされた男性が、と或る還俗呪術師から授かった真言を認めた鉛板を、懐に入れ携帯して居りました。確かに、効能は有り悪質なが直接纏わりつく事が無くなったのですが、夜間になる度に屋根裏などから異音を起こして睡眠を妨げられました。彼は一計を案じ、硬い黒檀で出来た棒に鉛板を巻き付け、寝床の横に据えて置きました。体から離れているのを良い事に、悪質なは近寄り彼に抱き付こうとしたところを、黒檀の棒で殴りつけたそうです。もちろん、彼には見えません。しかし、何度も霊障を被ると自然に重く嫌な霊の気配を察知出来るようになったのです。そこで、闇雲に棒を振ったのですが、鉛板を巻いた棒は自動的に霊を捕えました。瞬間、耳を劈くような嬌声を放ち、後はエコーのように嬌声が遠ざかったそうなのです。それも3体も同様の霊が取り巻いて居たそうです。その後は、全く霊障が消え、彼は憂鬱から解放されました。


----------------------------------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
http://www.khmersurin999.com/
http://www.necromancer666.com/
----------------------------------------------------------

Theme:占いカウンセリング Genre:心と身体│ Tag:呪術│ Tag:呪い│ Tag:呪術師│ Tag:│ Tag:真言│ Tag:サンスクリット│ Tag:バーリ語│ Tag:霊障│ Category:実践│ コメント:--│ トラックバック :--
02:40:15
震災後、東北地方を中心に、以前呪物を授受購入された方々の無事を確認する意味合いで、ご連絡をしました。その中に、昨年バットモックを授受購入された方が居られました。その方は、仙台市内に住まわれて居られる方でした。昨年の短期間、カンボジアのマイノリティー民族で有るチャム族の呪術師が作成・活き籠めしたバットモックを紹介し、授受希望者を募った際に授受されました。


チャム族というのは仏教国に有りながら、イスラムを崇拝する珍しい民族です。バットモックというバラモン系の呪物を作成・活き籠めする呪術師は、窮めて珍しい存在です。その効能も、チャム族というかつて国家を持ちながら、時代の流れで国家を失い他民族の支配下に身を置き、苦渋を受ける民族らしい効能を表します。とにかく、主を危険や災難から遠ざける事に重点が置かれているのです。まあ、この効能はバットモックの特徴ですが、チャムバットモックは主を失せる(消す)効能が有り、主が大事にして他の目に触れさせたく無い物も失す(消す)効能が有ります。かなりトリッキーなバットモックなのです。


その方に御連絡を取ったところ、昨年末辺りに東京への就職が決まり、現在は東京に住んで居られるとの事なのです。市内といった、津波の直接的な被害を被るような場所で無かったわけですが、現地に住んで居られたならば、M9という甚大な地震に晒されたわけです。ご本人も「バットモックに助けられたのでしょう。」と仰って居られました。また、2月の時点では、巨大な波が押し寄せる夢を見たと仰います。その時は、その夢が一体何なのか?と不思議に思ったそうです。この夢は、東京へ来たという必然を、バットモックが示したのでしょう。至高の地球規模の決断を、神霊レベルで止める事は出来ません。もちろん呪術師もです。ただ、個々の霊性に宿る感覚で加護が必要と思った時、それを重視し何がしかの霊的なものを厳かに受け、丁重に対応すれば必ず報われ災難から逃れられるという証です。



----------------------------------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
http://www.khmersurin999.com/
http://www.necromancer666.com/
----------------------------------------------------------

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:呪術│ Tag:呪い│ Tag:カンボジア│ Tag:チャム│ Tag:呪術師│ Tag:神霊│ Tag:バットモック│ Category:実践│ コメント:--│ トラックバック :--
2011/12/18
16:25:28
ご依頼者から、様々な願望や要望の御相談を受けます。各々切実な問題で、早期の解決(成就)を願っているのも充分理解できます。何かに行き詰ったり、災難に見舞われたりする原因の根本には、何点か原因が有ります。それは、的な環境が原因で有ったり、邪念悪気で有ったりします。御自身を取り巻くが弱かったり、祖などへの対応を怠ると、自身の生に直接的な禍を齎します。また、他人からの嫉妬の念・恨み辛みの念、これらも多大な影響を及ぼすのです。願望ばかりが先に立ち、そこに焦点を中ててしまう為、原因を取り除くことには頭が回らない事も理解できます。覚え置き頂きたい事は、前述した問題だけ取り除くのみでも、物事がスムーズに進展し憂いは解消できるのです。私がサイトに於いて、バットモックという呪物を上位で御紹介するのも、そのような意味合いが有ります。ご自身の的取り巻きが弱くとも、低質なに付き纏われようとも、他人からの邪念に攻撃されようとも、五感を司る神の加護が有れば、それらのマイナス要因はあて所に到達できず、最終的には呪縛が解かれる結果となるのです。今後、呪術をお考えの方々は、是非とも参考にして頂ければ幸いです。


数日前から、以下のメールアドレスより御問合せが有り、御返答しているにも関わらず、何度か「返答が来ない」といったメールを受けております。心当たりの方、御自身ボックス内で、スパム扱いされている可能性も有りますので、良くお確かめ願います。


t●nt●ny●@hotmail.co.jp



----------------------------------------------------------

http:// www.khmersurin999.com

呪物の頒布

ネイティヴ呪術師による呪術執行及び代理代行
----------------------------------------------------------








Theme:占いカウンセリング Genre:心と身体│ Tag:呪術│ Tag:呪い│ Tag:邪念│ Tag:悪気│ Tag:│ Category:実践│ コメント:--│ トラックバック :--
「ヴードゥー大全(壇原照和:著)」
image888.jpg
「ヴードゥー大全」 ハイチのヴードゥー教を主体に、習合されたアフリカの原始信仰及び呪術の集大成。私がキューバ編のバントゥー・パーロ信仰を監修させて頂きました。現在中古本のみですが・・・。 ※アマゾンにて購入可
土俗呪術随想録

khmersurin

Author:khmersurin
「土俗呪術奇譚」へようこそいらっしゃいました・・・。

DSCN0431.jpg ---ヨルバ族の信仰を主体に構成されバントゥ族の信仰も含まれる「アフロ・キューバ信仰協会」のメンバーです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご質問などが有ればメールフォームにてどうぞ・・・。直接メール頂く事も可能です。 info@khmersurin999.com
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
電子書籍:シックスサマナ
image999.jpg
「シックスサマナ」 電子書籍にて月二回発行される一風変わった海外移住促進誌です。「人を呪わば穴二つ」という探訪記を連載させて頂いて居ります。 ※アマゾン・キンドルストアで購入可
土俗呪術案内
アフリカ発祥の類稀な古来信仰、死霊を使役する呪いにて現世利益を得るお手伝いを致します。更に呪物の御提供も致して居ります。
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。