FC2ブログ
Yahoo!ブックマークに登録
・東南亜マレーポリネシア系メラネシア系の土着民:祖霊神霊崇拝の探訪見聞 ・自然信仰に関わる珍談、奇談 ・自然信仰全般、特に私が関わるアフリカ土俗死霊崇拝の逸話 ・信仰に関わる人々の生き様など
2018/09«│ 2018/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:14:50
今の生業に関わってから、稀に己の霊体験を顧みる事が有る。

餓鬼の頃、家族で棲んで居った肋家の汲み取り便所で用を足して居ると、其の日は屋内に誰も居らない筈で有るのに、便所の戸を弱弱しく叩く音。焦燥に駆られながら尻を拭き、泡を食いながら戸を開けようとするが開かない。当時の家は肋家だけに便所の鍵は無く閉まる事は有り得ない。焦りに焦った挙句、嫌な音色のオルゴールが聞こえた途端、戸は開き急いで隣家に居る母の元に逃げた事。

もうひとつは、同じ肋家の六畳一間で家族五人並んで寝て居った真夜中、母の隣で寝る私は青白い光で目が覚めた。真夜中で有るのに、青白い光は母の鏡台を照らし、其の鏡台に母は座り込み時代にそぐわぬ白粉を顔に塗り付けて居る。呼ぼうと思ったが、急に恐怖に苛まれ布団に潜り数秒と経たぬ内、布団から顔を上げると青白い光は無く、漆黒の闇に小さな夜間灯。青白い光に照らされた鏡台の下で白粉を塗ったくって居った母は、横でスヤスヤと眠って居った。

以上ふたつの体験は、私が五歳前後の幼い頃のもので有り、実際は朧げな記憶で有る為に何とも云えない。

其れ以降、此れといった霊体験は無く十五歳に成長した私は、柔道を嗜み五輪選手を多々排出する世田谷・松陰神社に隣接する中高大一貫の、と或る高校へ進学した。柔道で勇名を全国に轟かせる一方、悪名の高さでも名を馳せた学校で有り、卒えたら末は官憲か極道かと云われる学校でも有った。武道で入学した者は、松陰の杜に隣接する松陰寮に入る。越境入学者が多く、寮生活は必須で有ったのだが、此の学校は戦前の右翼結社を母体とする気風から、軟弱を排除するが為に寮生活をする事で旧日本軍の様な仕来りを養わせる、といった狙いも有った。

一年目の寮生活は過酷を極めた。一部屋に二段寝台が二つ。初年生二名・二年生一名・三年生一名といった按配である。三年神様・二年平民・初年塵芥・・・。先輩への御奉公に加え、一日最低でも五時間から最高十時間に及ぶ柔道の稽古。奉公の仕方が悪いと、稽古後、寮の屋上へ集合を掛けられお決まりのヤキを散々喰らう。厳しい訓練と精神的な圧迫で、初年生は一様に痩せていく。喰っても喰っても痩せて、二か月で二十キロは痩せる。私の場合は三十五キロ減で在った。

少々話が反れてしまった。松陰寮という寮は、高校及び大学の学生を百名ほど収容出来る作りであり、当時にして築三十年ほどで、戦後間も無く建築された代物で有った。創設者は変質極まりなく、男の気概を常に求め、寮建設に際しても学生を動員したと聞いた。素人であるから、当然足場から落ちたりなぞ、建設中の事故も多発した様だ。また、建物の周囲には濠を構え、全ての部屋の窓には鉄格子が拵えて在った。云うまでも無く、逃亡阻止に加え飛び降り自殺なぞせぬ様にとの配慮。棲み始めた当初は、入った事を心の底から悔いたものだった。

棲めば都と俗に云うが、棲むのみに関しては慣れるのに然程時を要さなかった。ただ、慣れてくると嫌なものが目に入る様に成った。初年生は前述した様に自由を拘束されて居ったので、唯一の自由は「寝る時」「用足しの時」「地下洗濯場のひと時」、此の三つの時だけ。

或る日の晩、眠りに付く前に不図、横の壁に目を遣ると「死にたい」と「田舎に帰りたい」という薄く成った文字が目に入った。初年生同士で話をすると、皆々「俺のベッドの横にもある・・・」と一様に云う。「死んだ方が楽」「このまま寝て死ねないものか」「明日こそ屋上から飛び降りてやる」等々、昔の初年生の苦悶の跡が何処にも有った。

四か月が過ぎた初夏の蒸し暑い晩の事。激しい訓練で精魂尽き果て、蒸し暑さも忘れ死んだ様に眠りに付いた深夜、冷蔵庫の物静かな音が矢鱈耳に付き目が覚めた。ただ、その時点で目は覚めて居るが手足の自由が効かない。変な病に冒されたか!?と思ったのも束の間、寝台に誰か居る気配を感じた。向かいの寝台に居る初年生の仲間かと思ったのだが、急に凍り付く様な寒気を覚え、目は見えて居ないにも関わらず、痩せこけて粗末な布を纏って伸びに伸びた髪を晒した男女の区別が付かない何者かが、私の体に覆い被さってきた。此の世の者で無いと理解した途端、其の瘦せこけた風貌にも関わらず百キロを超すのでは無いか、と思われる化け物の重圧が圧し掛かり、息も絶え絶えに成った頃合、柔らかな声音で「そういう時は念仏を唱えるんよ・・」と聞こえ、必死に覚えの有る念仏を唱えたのでした。すると、重圧は徐々に退いて行き、終いには目も開き身体の自由も回復し起き上がり見回すと、しんと静まり返った室内に、当初聞いた冷蔵庫の音が物静かに鳴って居った。

先輩や同期の初年生に話して見ると、同様の経験をした者が何人か居た。更に、上階の大学寮でも、そんな事は日常茶飯事で在った様だ。後々聞いた話では、松陰寮の長い歴史の中で体罰で死んだ者や自殺者は数多居り、此れといった的な供養もされて居ない建物で有る事を知る。

其の様な金縛り体験を機に、私の媒体質は開花してしまった。爾後、ひと月に四・五回金縛りに悩まされた。

寮を出るまでは、同じ様な一体のに金縛られて居ったが、其れ以降は老若男女のあらゆるに金縛られた。珍しいところでは、複数の幼児の霊に金縛られ、其の間、延々と幼児の嬌声も同時に聞く上に、身体各所を触れまくられるという事も有った。

此れは、キューバへ移住しアフリカ由来の自然崇拝パロ信仰死霊契約をする迄、八年ほど継続したので有りました。

今思えば、あれだけ霊に金縛られて居たわけで、今の様に使役の方策を心得て居たならば、色々な面で人生が変わって居ったのではないか、と思う今日此の頃で御座います。

----------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
www.animism666.com
スポンサーサイト

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:霊体験│ Tag:金縛り│ Tag:│ Tag:アフリカ│ Tag:信仰│ Tag:死霊│ Category:奇談│ コメント:--│ トラックバック :--
11:15:08
東南アジア・タイに伝わる伝統呪物でシャム・ヴドゥという異名を取る呪物で、いくつかの呪物は大いに好評を得て頂いた為、ご用意できる範囲で再度ご提供させて頂きます。詳細は以下のサイト項目から御覧頂けます。

項目「シャム・ヴドゥ呪物

----------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
www.animism666.com

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:タイ│ Tag:ヴドゥ│ Tag:呪物│ Category:呪術アイテム│ コメント:--│ トラックバック :--
11:40:24
この都度、「西アフリカ・ヴドゥ呪術」のサイトに新たな項目を設けました以下となります。宜しければご覧ください。

ヴドゥ大祭と儀式:https://www.animism666.com/%E3%83%B4%E3%83%89%E3%82%A5%E5%A4%A7%E7%A5%AD%E3%81%A8%E5%84%80%E5%BC%8F/

また、項目「呪物のご案内」に新たな呪物グリグリを載せました。こちらも併せて御覧頂ければ幸いです。

呪物の御案内:https://www.animism666.com/%E5%91%AA%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%BE%A1%E6%A1%88%E5%86%85/

----------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
www.animism666.com

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:ヴドゥ│ Tag:呪物│ Tag:アフリカ│ Tag:信仰│ Category:雑記│ コメント:--│ トラックバック :--
13:35:36
私のフィールドワークは、数年前から西アフリカが主体となり、其れも之もキューバで得たアフロキューバ信仰の行き着いた結果で、キューバに関しては過去形と内部では片付け始めておりました。

そんな折、と或る邦人男性がアフロの呪物に興味を持ち、最終的に得た己なりの結論がキューバにて、私と同じアフロ・バントゥ族の死霊信仰パーロの死霊契約を望まれました。私の経歴を把握されて居り、是非ともキューバにて入信し研鑽したい、という願望に加え追体験も望んで居りました。

ただ近年のキューバは急速に変化して居り、相変わらぬ盛んなアフロキューバの信仰で在るが、ほんの数年でキューバ人の変化が感じられた事で云うに及ばず、キューバも私の内部では既に終わって居ったのです。然る事情から、本人へ西アフリカへの渡航を勧めたが、提案を拒み、頑なにキューバを欲する。

更に「キューバへ渡航し、其のまま居つき入信そして研鑽したい。」なぞと云う・・。さぞ、各国への渡航経験も有り、其れなりの確固とした決断なのか、とはなは思って居ったのです。
蓋を開けてみると、海外渡航は初めての上にパスポートも持って居らぬ。従い、取り敢えずキューバへ短期で参り死霊契約を行い、果ては契約霊の釜を受けられてはどうか?と提案したが、本人にとって其れは意味を成さず、本望は永住に有りきといった感じで御座いました。という事で、キューバという国に対する知識、其れ以上に大切なアフロキューバ文化、アフロの信仰、それら全てを問い掛けてみるも全く欠片も把握していない・・。私は呆れ返ったが、本人に熱意は有り、最終的に短期の訪キューバと死霊契約と簡易な研修ならと和合し、今現在キューバに滞在して居る次第です。

四日前、キューバに到着したのは良いが、空港に着くなり表情は硬くなり、目の焦点は合わず壊れた機械の様に動作も鈍い、私のゴッドファーザーに面した時点では、陸に釣り上げられた魚の如く目は見開きプカプカと上下に口を動かすだけで、四方や脳を遣られてしまったのか、と異様な不安を抱かされる御粗末なあんちゃんで在りました。

さて、死霊契約及び入信に関し、契約を結ぶ男は完全なる成人男性でなければならない。が、此のあんちゃん齢三十にして童貞。棲む茨城の片田舎に在るピンサロや、稀に行く東京の五反田のピンサロにて肉棒をしゃぶって貰った経験数多、更にはオプションにて、尻の穴をアルコール消毒して貰いアナル舐めをして貰うも、肝心要のヴァギナに入れた経験は一度も無いという体たらく・・。

一昨日、急遽童貞を捨てる為に女探しを始めた。私としては、神霊や死霊に捧げる供犠の血液同様、相応しい契約者と成って貰いたいが為、どす黒い丈夫そうな百貫デブの黒人女を探したが間に合わず、中肉中背の醜女でも器量良しでも無い、穴熊の様な顔をした女を当て付けたところ、穴熊女の上位攻めにて僅か数分で果て、一応童貞は捨て昨日の儀式初日に間に合った。

いろいろ問題有りなあんちゃんです。研修の為、メモを取る其れなりの帳面類は持って来るのが普通、しかし、何処かの粗品で貰った掌に収まる伝言メモ帳のみ持参。通訳した内容をメモらせると、訳の解らない突飛な事が書いて有り、改め書いて遣らなきゃ成らぬ始末。

人との対応、己が受ける信仰との対応等々、全てに対して欠ける姿勢に、私は何度も苦言を呈し怒鳴りつける事も御座いました。すると、下痢をして糞を漏らしそうに成ったり、オエオエと吐き気を催したり、とてもとても窮地に弱いあんちゃんで在ります。私が興味本位で、以前糞を漏らした事が有るのか?と問うと、「以前居た職場での仕事中も、電車内でも歩いて居る時でも何回か漏らした経験が有る。」との事。私は唖然としてしまいました。

私のゴッドファーザーを含む、キューバ現地の信仰関係者は彼を見て「日本人は精神も肉体も頑健で何も動じず、とにかく強いという印象を持ってたが考えが変わった。彼を見ると蜻蛉の様に弱いな・・」と薄笑いを浮かべるので在りました。尤も、キューバが変わったといってもまだまだ過酷な社会。男は頑健で強い者ばかりです。

「最近の若いやつは・・」なぞと月並みな事は云いたく無いが、何とも芯の通らぬ男が多くなったな、と情けなく思う私で御座いました。尤も、此の男は所謂「発達障害」という精神的な病を患って居るようで、前述の範疇から外れるかもしれない。が、社会に生きる男として、五体満足で有るのだから「ああだこうだ」なぞと云ってられない。既に死霊契約を済ませ、契約霊の籠もる釜は日本へ持ち帰った。ただ、大事な大腿骨を出国の際に見つかり取り上げられる失態が有った。契約はしたが、契約霊の不満を示す現象とも見た。私のホーリーファーザーの見解も同じ。今後、スペイン語果ては信仰に必須なバントゥ語も習得しなければならない。空気を読めない・間合いが悪い等々、全てに於いてセンスに欠ける。センスは肝心要で、此れが無いものは無防備と云っても過言では有りません。行く末が思いやられます。

----------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
www.animism666.com


Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:キューバ│ Tag:信仰│ Tag:アフリカ│ Tag:死霊│ Tag:契約│ Category:日本人│ コメント:--│ トラックバック :--
02:32:45
ボリス・ドグボエヴィ:著
西山たけし:訳

以前、当地トーゴ古の時代に蔓延った「人攫い」について綴らせて頂きました。トーゴのみというよりも、西アフリカ一帯も云うに及ばず、実際は北部を抜いたアフリカ全域で土俗信仰の為に、捧げる供物を得る手段として実行されて参りました。

私自身、幼い頃より親族や近隣の老人方を筆頭に、先達の方々から見聞致した記憶を元にトーゴの首都ロメ一地区アディドゴメの逸話として紹介しましたが、アフリカ全域に通ずる逸話と思って頂ければ幸いです。

古の時代、如何に人を攫うか?という部分に焦点を絞り綴りましたが、攫った人体をどのように使うか?という事について今回御説明致します。

イの一番で重要な物が血液。血液は人体を司るエネルギー源で有り、人体を循環する事で機能するわけです。従って、まず第一に事象・物象に宿る神霊方に捧げますが、膨大な数の神霊に捧げる事は不可能なので、人の生に頻繁に関わる四体から五体ほどの神霊へ捧げます。内一体はメッセンジャー的な役割も兼ねる神霊で、此の神霊に捧げる事で他の膨大な神霊への間接的エネルギー強化に繋がります。次に先祖霊(他の先達の霊も含む)、基本祭壇を持つシャーマン家系の先達の霊へ捧げる事に成りますが、その場に居合わせる外部の者でも、其の時々の法事に関与して居れば人物に取り巻く霊は勿論の事、人物の先祖霊も供犠の血液に肖れるわけです。供す方法は、頸動脈を切り直接的に神霊及び霊へ掛け捧げる。または、盥に大量の岩塩を入れ其処に血液を一旦ため込み、爾後、神霊及び霊へ捧げます。岩塩は血液の凝固を抑える上に、新鮮さを保つ事が可能なのです。

上述は儀礼として神霊や霊へ捧げる方策で有り、神霊や霊へ常成る擁護と援護への感謝を示す儀礼と成ります。新鮮な人の血液を捧げる事で神霊も霊も活性化し、より強い神霊同じく霊と成り、使役した暁に強力な呪力を発揮するわけです。

更に神霊や霊の土偶や木偶を構築した際、最終的に「活き入れ」するには血液が不可欠です。構築の過程で土偶や木偶に入れる自然のエレメントも重要ですが、血液を捧げなければ木偶の坊といった按配で、土偶や木偶に入れたあらゆるエレメントは何の足しにも成りません。強いて申せば、高性能な車に石油を入れず走ろうとする様なものです。

以上、血液の重要性を申し上げて参りましたが、人体から血液を全て供物として捧げた後、臓腑は綺麗に腑分けされます。人体全ての部位を余さず使いますが、全て御説明差し上げるわけにはいかない内容も有る上に、御説明出来る範囲も可成り有る為、全て御説明するには行数が足りません。其処で幾つか頻繁に需要の有る主体部位として、頭部(脳を含む)・心臓・内臓(心臓以外の臓器)・性器、此れ等を例に取らせて頂きます。付け足し致しますが、最も需要の有る人体は、アルビノスを筆頭に二番目に頑強な若い男性の人体としなやかで健康な処女の人体と成ります。

初めに頭部、脳が格納される頭部は謂わば人体を司る操縦室。生前は魂が籠る場所と成ります。支配・采配・妙案・等々を生み出す器官で有る事から、様々なコミュニティで突出する事を願う者へ、此れを用いて的確な呪法そして呪力を齎します。逆に人心を惑わす妙技・妙案も生み、巧妙な詐欺なぞの主翼と成る呪力も御座います。

余談ですが基督教会の強欲な牧師は、基督教の理念から掛け離れた資質を備えて居り、己が新たに創設する教会の為に呪術掛かった方策を採ります。其の為に使用されるのが人の頭部で有り、基督教と云うよりも信者からの布施を掻き集める為の集会所なのです。強欲牧師の為に、ボコ(ヴドゥ信仰シャーマン)は悪行連ねた人物の頭部を得て、然るべき呪術を実行するのです。爾後、信者が離れず留まらせる術として、牧師自身もヴドゥ系の闇に関わる神霊を崇め定期的に供犠を行います。基督教のみで無く回教の現場にも能く見られますが、詰まるところ何れの宗教もアフリカの土俗・習俗に呑み込まれてしまうのが落ちなのです。

前述致しましたがヴドゥの神霊構築の際、より人に寄せる事を念頭に人体頭部を主体エレメントとし土偶に埋め込む事も御座います。

心臓及び内臓の使い道は、人心掌握・一体・一途が心臓で、エネルギーの根源が内臓と成ります。

為政者や経営者や軍人なぞ、人を束ねて一糸乱れぬ方向性に操作したいと願う者共に需要が有ります。心臓は脳と連動しますが、潤滑油の血液を賄うポンプで在る心が穏やかに成らぬ事では人心操作は不可能です。更に、其の潤滑油の血液なぞ生成するのが臓物です。殊に此の内臓はエネルギー生成の根源で有るからして、其の漲る威力を霊的に作用さすれば謀反者や反目者を改心または淘汰する呪力を齎します。

男女両性器について御説明させて頂きます。女性の陰部に関しては、金銭的な繁栄に関して霊的に用いられます。云うまでも無く産出の門口で有る女陰は、生産=繁栄を意味する事から金銭に焦点を中てた呪法に用いられ、時には乾燥した女陰を要望者に授け、自宅或いは商いの場で然るべき場をボコが指定し埋めるまたは据えるなぞ方策を取る事で呪縛が浸透し、要望者は徐々に金銭面での恩恵を受け繁栄の日々を送るように成るのです。男性の陰茎と陰嚢は、金銭面での繁栄にも繋がりますが女陰ほどで無く、何れかというと名声や権力そして維持、其の為の呪法に用いられます。

簡易ですが、人体部位の使い道を羅列させて頂きました。全て剥ぎ取り、残った人骨も無駄無く使用されます。肉片は如何様にするかと申しますと、古の時代は山羊肉や鶏肉や牛肉同様、調理して喰らって居ったそうです。近代に於いては神霊構築の際、土偶内に台座として肉片を敷き頭部を据える座布団的な役目と成って居ります。しかし、ナイジェリアにてヨルバ族と二分する大きな部族イボ族に於いては、現在でも人体全てを神霊に捧げた後に御下がりとして人肉を調理して食して居るとの事です。

前回今回と、古の人攫い方法から人体の使い道を綴らせて頂きました。親愛なる読者の方々は、内容から「未だに遣ってんじゃないのか?」と勘繰られるかと存じます。お察しの通り、流石に人攫いは廃れましたが人体の闇マーケットは存在します。闇マーケットの関係者は、臓器売買を主体として居りますが、次に需要の有るのが土俗信仰関係の市場です。従って、霊力の高いボコ(ヴドゥ信仰シャーマン)を慕う信者の中でも、金銭的に裕福な信者を持つボコを闇マーケット関係者は全て把握して居ります。云うまでも御座いませんが、人体は山羊や牛や鶏なんぞの獣の数十倍の値で取引されて居るのです。其れがアルビノスや頑健な若い男女の肉体と成れば、レアな上に気の遠く成る様な価格というのが現状で御座います。

----------------------------------
土俗信仰のフィールドワーク
ニシヤマタケシ
www.animism666.com

Theme:スピリチュアル Genre:心と身体│ Tag:呪術│ Tag:ヴドゥ│ Tag:西アフリカ│ Tag:トーゴ│ Tag:神霊│ Tag:│ Category:信仰│ コメント:--│ トラックバック :--
「ヴードゥー大全(壇原照和:著)」
image888.jpg
「ヴードゥー大全」 ハイチのヴードゥー教を主体に、習合されたアフリカの原始信仰及び呪術の集大成。私がキューバ編のバントゥー・パーロ信仰を監修させて頂きました。現在中古本のみですが・・・。 ※アマゾンにて購入可
土俗呪術随想録

khmersurin

Author:khmersurin
「土俗呪術奇譚」へようこそいらっしゃいました・・・。

DSCN0431.jpg ---ヨルバ族の信仰を主体に構成されバントゥ族の信仰も含まれる「アフロ・キューバ信仰協会」のメンバーです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご質問などが有ればメールフォームにてどうぞ・・・。直接メール頂く事も可能です。 info@khmersurin999.com
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
電子書籍:シックスサマナ
image999.jpg
「シックスサマナ」 電子書籍にて月二回発行される一風変わった海外移住促進誌です。「人を呪わば穴二つ」という探訪記を連載させて頂いて居ります。 ※アマゾン・キンドルストアで購入可
西アフリカ・ヴドゥ呪術
アフリカ発祥の類稀な古来信仰、死霊を使役する呪いにて現世利益を得るお手伝いを致します。更に呪物の御提供も致して居ります。 http://animism666.com vudu@animism666.com
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。